「アドセンス興味があります」な美鈴メルマガ読者様、こんにちは~。
美鈴の「アドセンスについてアレコレ語ってみる講座(!?)」も今日で4回目となりました。

↓ちなみに過去記事はこんな感じですので、

1記事目 ⇒ 「アドセンスアフィリエイトのアレコレ
2記事目 ⇒ 「アドセンスのメリット・デメリット
3期j目 ⇒ 「アドセンスの現状

「まだ読んでいないよー」という方は先に読んでもらえると助かります。



それでは!
今日はいよいよ「アドセンスの核心」に触れてみようかなと思います。

最初の記事で私は
アドセンスで収入を得るためには「1クリックされる力」さえあれば良いと伝えました。
実際「1クリックされる記事」を書く事ができたら、
あとは記事数を増やすだけで収入は増えていくのだから、
正直、これほど簡単なアフィリエイトは他にないです。







でーもーでーすーね。








ネットで収入を得るのがそんなに甘っちょろいワケがなく、
いくら簡単なアドセンスでも「結果が早くでる場合」と
「結果が出るまでに時間がかかる場合」に分かれるワケです。

はい、ちょっとこちらを見てみてくださいね。
これ、私のアドセンスブログに投稿されている
「1記事」のアクセス解析結果なのですが、
同じ「1クリックされる記事」でもこんな風に



↓毎日30アクセスを集める記事




↓毎日600アクセス以上を集める記事






記事によって「1記事で集められるアクセス数」に違いがあります。

当然「1記事で30アクセスしか集められない記事」よりも
「1記事で600アクセスを集める記事」をたくさん書いた方が、
早い段階で結果が出ますし、それだけ得られる収入も増える
ワケです。

んで、この「30アクセスを集める記事」と
「600アクセスを集める記事」の違いは何かというと
単純に「選んだキーワードの需要量の違い」なんですね。





「需要が多い=検索数が多い」という事です。





「人がいっぱい検索する記事」の方が、アクセス数も多くなり、
それだけ広告もクリックされやすくなります。

アドセンスで早く結果を出すためには
当然「需要量が多いキーワード」で記事を書くのが1番です。

んで、その「需要量が多いキーワード」とはどんな物なのかというと、
「日本に住んでいる多くの人が検索するようなキーワード」ですね。

・お花見
・花火大会
・ハロウィン
・クリスマス
・家事の悩み
・病気の悩み
・体系の悩み


こんな風に「日本国民なら誰でも知っているイベント事」や
「多くの人が困っている悩み事」はとても需要が多く、
これらのネタで記事を書くと多くのアクセスを集めてくれます。

ただですね、これらのネタで記事を書くとしても
「お花見」だけでも関連したキーワードが

・お花見 スポット
・お花見 お弁当
・お花見 デート
・お花見 場所取り
・お花見 ライトアップ
・お花見 出店
・お花見 見ごろ
・お花見 開花予想
・お花見 コーデ
・お花見 ファッション
・お花見 ピクニック
・お花見 名所
・お花見 パーティー
・お花見 ランチ
・お花見 レストラン
・お花見 イラスト
・お花見 外国人
・お花見 天気
・お花見 ペット

↑今ぱっと思いついただけでもこーんなにたくさんあります。
さらに時間をかけて考えだしたら、キリがないくらい大量のキーワードが出てくるのですが、
その中では当然「需要が多いキーワード」と「需要が少ないキーワード」があるワケで。

結果が早く出る人は「需要が多いキーワード」をピンポイントで選んで記事を書き、
結果が出るまでに時間がかかる人は「需要が少ないキーワード」を選んで記事を書いている
ワケです。









で、ですよ、この「需要が多いキーワード」を
狙って確実に探せる方法があるとしたらどうでしょうか?


↓もし、このような毎日600アクセス以上を集める記事を確実に書けるのであれば・・・



偶然選んだキーワードでたまたま記事が爆発するのではなく
最初から「需要があるとわかっているキーワード」だけを選んで記事を書けたとしたら、
そして、そんなキーワードで書いた記事が10記事、30記事、100記事と増えていったとしたら・・・




か~な~り~面白い事になると思いませんか?





ですので、ここで満を持して、美鈴激レア特典付きの「アドセンスのノウハウ」を紹介させていただきます。

超アフィリエイト初心者だった美鈴が半年で月収10万円を達成し、
そして1年以上経過した現在では月収30万円以上をコンスタントに稼ぎだしているノウハウです。

ぜひその詳細をジックリと確かめてみてください。


アドセンスノウハウを確認する



かつての私がそうだったように、
このノウハウに出会った事で
あなたの残りの人生が少しでも豊かになるよう祈っています。


美鈴