「グーグルアドセンスで稼げるキーワードの選び方がわからない」
「アクセスアップできるキーワードってあるの?」
「アドセンスでガッツリ儲けるためのキーワード選定を教えてよ!」


はいはいはーい!
今日はそんな「今現在アドセンスで稼げていない人」のための
アクセスアップするキーワード選定講座」ですよ。


グーグルアドセンスで収入を得るには「キーワード選び」が肝心です。


だって、選んだキーワードしだいで
記事へのアクセス数がぜーんぜん違ってくるんですものー!!

ショボいキーワードを選べば、そりゃブログへのアクセスは皆無です。
が、キチンとしたキーワードを正しく選べれば・・・



あなたのブログにドガドガと
アクセスが集まるようになります( ̄ー ̄)ニヤリ




というワケで、今回は美鈴が具体例もあげつつ、
アフィリエイト初心者でもわかるように
「アドセンスキーワードの選び方」を紹介しちゃいますよ♪

アドセンスキーワードの選び方 基本編

アドセンス・・・というか、キーワードには大きく分けると

  • ショートレンジキーワード(ショートテール)
  • ミドルレンジキーワード(ミドルテール)
  • ロングレンジキーワード(ロングテール)

の3種類があります。
んで、それぞれに「メリット・デメリット」があるので、
まずは「3つのキーワードの違い」をベンキョーしてみましょう♪

ショートレンジキーワードの意味は?

ショートレンジは「瞬間的に一気に検索されるキーワード」になります。
いわゆる「トレンドキーワード」というヤツですね。

  • 芸能人のゴシップ
  • スポーツ選手の活躍
  • 大きな事件

などがショートレンジキーワードになりますよ~。

テレビでガンガン放送され、多くの国民が
関心を持っているので1日の検索数が半端ないです。

うまくいけば、ブログに一気にアクセスが集中し
一晩で数万~数十万円稼ぐ」なんてことも
あり得る夢のあるキーワードになります。


ただキーワードの寿命が短くアクセスがあったと思うと
翌日~数日後にはアクセスがなくなってしまうのも特徴の1つですね。



例えるなら「ナンパした人とのワンナイトラブ」でしょうか(えー!?)



一晩だけ夢のような時を過ごせますが、限られた時間は少しだけ。
夜が開けると別れないといけないので、引きずるのは厳禁です。
一晩過ごしたらまた次のターゲットを求めてナンパをしましょう(何の話だ)

【ショートレンジキーワードのメリット】
・テレビで話題になっているネタで記事を書けばいいので、話題に困らない
・成功すると一晩で数万~数十万の報酬を得る事も可能

【ショートレンジキーワードのデメリット】
・キーワードの寿命が短いので継続して収入を得るには
 記事を書き続ける必要がある

【ショートレンジキーワードの具体例】
・PPAP ギネス記録
・ピコ太郎 小坂大魔王
・ピコ太郎 家族

関連記事
⇒『ショートレンジキーワードで継続してアクセスを集める方法!

アドセンス ミドルレンジキーワードの意味は?

ミドルレンジキーワードは「数週間~数カ月多くの人に検索されるキーワード」になります。

  • 月の行事
  • 季節のイベント
  • 季節特有の困り事

等がそうですね。
ショートレンジキーワード程の爆発力はないですが、
旬の時期には1日に数百~万単位のPV数を集めてくれますので、
1ヵ月~数ヵ月単位でみるとショートよりも稼いでくれる事もありますよ。

季節のイベントですので当然その時期以外はアクセスが集まりませんが、
一度爆発した記事は「来年も再来年も同じ時期に検索される」のも特徴ですね。



例えるなら「毎年同じ時期に遊びに行く別荘地での愛人との恋」でしょうか(また美鈴が変な事を言い出した!)。




毎年決まった時期だけ同じ恋人と燃えるような恋を楽しむ事ができます。
季節が終わったら別れないといけませんが、
来年も再来年も恋人は同じ場所で同じように、あなたを待ってくれているでしょう。

【ミドルレンジキーワードのメリット】
・ショート程の爆発力はないが、月単位~数ヶ月単位で見ると
 ショートよりもすごい力を発揮する事がある
・毎年同じ時期になると検索されるので寿命が長い

【ミドルレンジキーワードのデメリット】
・旬の時期を過ぎるとアクセスがなくなる

【具体的なキーワード】
・ホワイトデー 本名
・ホワイトデー お返し
・ホワイトデー プレゼント

関連記事
⇒『ミドルレンジキーワードとは?アクセスが集まる選定方法はコレ!

ロングレンジキーワードの意味は?

ロングレンジキーワードは「毎日一定の割合の人に検索されるキーワード」になります。

  • 日々の困り事、悩み事
  • 観光地の情報

等がそうですね。
一般的な1日のPV数は30~100位なので地味ですが
(キーワードによっては数百単位で検索される物もあります)、
季節に左右されず半永久的にアクセスを集めてくれるので
年間収入で計算するとショートやミドルを上回る事もあります。

ロングレンジキーワードは身近なところにたくさんネタが転がっているので
ライバルが少ない穴場キーワードを狙える」のも特徴の1つですよ。



例えるなら「同棲相手との安定した恋」ですね(もはや意味不明)。



新しい刺激はありませんが、知り尽くした相手が
毎日玄関であなたを出迎えてくれます。こーゆー安定があるからこそ、
仕事で辛い時や嫌なこともことがあっても頑張れますよね(だからなんの話だ!)

【ロングレンジキーワードのメリット】
・寿命が長く半永久的に検索される
・誰も記事を書いていない穴場キーワードを狙える

【ロングテールキーワードのデメリット】
・1日のPV数が少なく地味
・結果が出るまでに時間がかかるので根気が必要

【ロングレンジキーワードの具体例】
・便秘 解消法
・便秘 食べ物
・便秘 運動

関連記事
⇒『ロングレンジキーワードとは?簡単な選定方法も紹介!

アドセンスでアクセスアップするためのキーワード選定方法

「結局どのキーワードで記事を書くのが1番効果的なの?」
「どの種類のキーワードを選べばいいのかわからないよ!」

そう感じちゃう人も多いですよね。
美鈴も最初は同じように悩みましたもん。

ここのところですが、

ショート、ミドル、ロングそれぞれメリット・デメリットがあるので、
「これは間違い」とか「こっちが正解」とかは無いんですね。
ですので、「あなたが書きやすいキーワード」で記事を書いていくのが1番です。



「トレンドに敏感でTVで話題になった事をササッと書けちゃう人」なら
「ショートレンジキーワード」でしょうし、

「数ヵ月後に検索される話題を先読みしてブログを徐々に爆発させたい人」なら
「ミドルレンジキーワード」を選ぶのがおすすめですし、

「結果が出るまでに時間がかかるけど確実に記事を積み重ねていきたい人」なら
「ロングレンジキーワード」といった感じでしょうか。




ちなみに私の場合は「ミドルとロングの組み合わせ」で記事を書いていますね。

確かにショート(トレンドキーワード)は瞬間的に爆発的な威力を発揮しますが
収入を得るにはずーっと継続して記事を書き続けないといけません。
最初は良いのですが、それが1年、2年、3年と続くと・・・


さすがに疲れちゃいますよね(;^ω^)


が、ミドルやロングキーワードなら寿命が長いですので
「1記事1記事、記事を積み重ねていける」というか、
「1記事投稿するごとにそれが基盤になっていく」というか、


結果が出るまでの3ヵ月~半年はキツイですけど、
その後はずーっと安定した収入を得ることができますよ♪



しかもミドルとロングを組み合わせることで
「旬の時期以外のアクセスがない」
「結果が出るまでに時間がかかる」
と言うそれぞれのデメリットをカバーできますしね。

というわけで、グーグルアドセンスでアクセスアップするためには
「ミドルとロングを組み合わせて記事を書く」のがおすすめです(*’ω’*)




美鈴は無料相談をガンガン受付中です♪
もし何か「分からない事」や「疑問に思った事」
その他「アフィリエイトに関する相談」があったら
いつでも美鈴にメールしてくださいね♪
↓  ↓  ↓
美鈴にメールする



===================================
応援していただけると、美鈴が小躍りして喜びます♪
(∩´∀`)∩